唱歌

効果

青春の頃に流行した曲を聴くことで、当時の記憶が蘇り会話ができたり、笑顔がみられたりするなどの反応がしばしばみられます。

内容

時間 60分
内容

(一例)
 演奏 8曲~10曲を聴衆者と一緒に合唱。

 

弊社にて演奏会の案内と歌詞カードを作成いたします。

演奏曲

・どこかで春が

・春よこい

・早春賦

・叱られて

・庭の千草

・この道

・仰げば尊し

・人生の並木道

など 

諸注意

・時間を短縮した場合でも同じ訪問料金になります。

案内、歌詞カードを作成

*演奏会で使用する案内チラシ、歌詞カードの一例(唱歌)です。

ダウンロード
案内チラシ一例.pdf
PDFファイル 384.0 KB
ダウンロード
歌詞カード一例.pdf
PDFファイル 269.2 KB

講師紹介

奏者:鈴木 久美

 

名古屋音楽大学ピアノ科卒業後、短期大学非常勤講師として30年に渡り学生を指導。その間、ピアノ独奏、二台のピアノ、連弾などでの研究発表会や声楽伴奏の演奏会を50ステージ以上経験。
2012年より愛知県内大学病院ディルームにて 認知症の方、ホスピスに入院中の方々の記憶を紐解きながら童謡、唱歌、歌謡曲などを歌う活動をし、現在に至る。

 

料金

カテゴリー 料金(税別)
奏者1名 19,000円

お問い合わせ

 052-551-3237